整体院に行く前に知っておくべき5つの内容

「マッサージを受けたい。行くべき所は病院ではないよね。」
整体についてよくわからない事も多いと思いますので、整体についてまとめました。

整体とは何か

整体

 

整体とは、東洋医学の考えをもとにした日本で発達した施術方法であり、骨格の歪みやズレを手技によって元の位置に戻すことで体の不調を改善することを目的に行うものです。整体師の国家資格はないため、患部に医療行為を行うことはできません。

 

整体の内容はマッサージや姿勢、骨盤矯正など多岐にわたり、ベッドに寝てもらい手や指を使うものもあれば、床に寝て足で揉むというものもあり、整体院によってそのやり方も様々です。しかし、一般的には、痛みなどの症状の出ている部分に関わるツボや反射区にアプローチし、筋肉などの緊張を取り除いて身体のバランスを取っていきます。

 

また、血液やリンパの流れを良くし、身体全体の機能を高めて、自然治癒力を引き出し、部位の痛みや違和感を改善します。加えて、施術前に全身の骨のズレやゆがみ、筋肉の凝り固まった部分を整体師が手で触り、確認することで患者本人の自覚がなかった症状に気づく場合もあり、現状の痛みのほか再発を防ぎ、予防することにも効果があると考えられています。


どんな症状に対応しているのか

整体は、体の不調を改善するものです。体の不調とは、たとえば肩こり、腰痛、ぎっくり腰、冷え、むくみ、頭痛などが挙げられます。
猫背をはじめとした姿勢の悪さもこれらの症状に関わってきます。

 

整体は、これらの症状に対し、それぞれに効果がある様々な施術を行います。また、整体は上記に挙げられた身体の症状に加え、精神的な症状に対しても効果があると考えられています。

 

整体によって回復すると言われている精神的な症状に「自律神経失調症」があります。自律神経失調症は、活動の交感神経と休息の副交感神経のバランスが崩れ、よく働かなくなることによっておこる不快な症状をまとめてそう呼ばれています。
正式な病名ではなく、検査しても臓器や器官に異常は見つかりません。しかし、姿勢の悪さ、体のゆがみ、足組みなどが体のストレスを生み、自立神経のバランスを乱す一因となるので、整体の施術を行うことで一定の効果が期待できます。

整体を受けるときに痛みがあると聞いたが本当か

<整体の施術中の痛みについて>

整体といえば、体がポキポキと鳴り、痛みを伴うというイメージがあります。しかし、骨格の歪みやズレを元に戻し、血液やリンパの流れを良くして、痛みをなくすことを目的としたものが整体です。
国家資格を必要としないため患部に医療行為を行うことはできず、予防や癒しを与えるものであることから、痛みを伴ってはなりません。整体を行う際の不快な痛みに対しては、その場で整体師に中止してもらう必要があります。

 

<整体の施術後の痛みについて>

施術後に痛みが出る場合があり、その主な原因の1つに、「好転反応」があります。
好転反応とは、日頃、悪い姿勢やストレスに圧迫されてきた神経や筋肉が整体によってゆるんでいく過程で、2〜3日程度(個人差があります)起こる身体反応のことです。

 

好転反応と呼ばれていることからわかるように、体の状態が良くなってきている、回復の証だと言われています。
具体的には、施術後、血流がよくなることで老廃物が流れやすくなり、老廃物を処理している腎臓や肝臓等の臓器に負担がかかったり、今までとは異なる部分に体を支える力がかかったりします。その結果、だるさや疲れを感じやすくなり、時には発熱や吐き気、腹痛、下痢、吹き出物が出るといった症状、痛みやかゆみ、炎症が生じる可能性もあります。

 

しかし、整体の施術後に起こる痛みがすべて好転反応だとは限りません。筋繊維が傷ついた時に起こる「もみ返し」の場合や、中には内臓疾患、けがなどの場合もあります。
2〜3日ほどでおさまらず、長期間にわたって痛みが続く場合には医療機関を受診することをお勧めします。

原因がわからない腰痛で行くのもありなのか

整体の施術では、整体師が国家資格ではないために一般的な整形外科のように、その患部に医療行為を行うことができません。
ところが、病院でレントゲンやMRI検査したところ、特に異常のないと診断されてしまった腰痛に対しては整体の施術の方が有効な場合もあります。検査等で表面的にはわからない腰痛の原因は実は、骨盤のゆがみである場合が多く、骨盤のゆがみと連動して筋肉の一部だけが張ってしまい、痛みが出てしまうケースもあります。

 

整体では、そうした骨盤のゆがみや普段の姿勢の悪さ、筋肉の張りに対し、筋肉が正しく身体を支えられるような状態に戻し、身体のゆがみを整えていくアプローチを行うことができます。
原因不明で長年悩まされてきた腰痛から解放される可能性も大いにあると言えます。ただし、中には身体のゆがみを整えても消えず、かえって整体をすると危険な腰痛もあります。

 

医師の指導の下で投薬などの治療を行う必要がある場合も考えられるので、一度は、医療機関を受診してから、解決しない場合に整体院に行ってみてはいかかでしょうか。

更新履歴